海外ではSIMが浸透している

SIM

海外においては、昔よりSIMフリー端末が浸透している状態ですが、日本に目を向けると周波数などに差があるということで、各キャリアがSIMを他社では使用不可にして、そのキャリアオンリーのSIMカードを提供していたというのが実態なのです。格安SIMを挿して通常使用できる白ロムは、auとドコモのスマホ又はタブレットだけです。ソフトバンクの白ロムでは使用不可です。
ソフトバンクの白ロムに挿入できたとしても、電波受信状況が最悪だと断言します。

格安スマホの各販売会社は、高額現金バックやいろいろなサービスを提供するなど、
特別キャンペーンを実施して同業ライバル企業のシェアを食おうと戦略を練っているわけです。格安SIMにより利用できるようになる白ロムは、auとドコモのスマホあるいはタブレットだけということです。ソフトバンクの白ロムは適用外です。ソフトバンクの白ロムで使用できたとしても、電波の送受信が不良です。色んな会社が参入したことが誘因となり月額500円にも満たないサービスが展開されるほど格安SIMの低価格化が浸透しつつあります。
SIMフリー端末を導入すれば、この低価格なプランをとことん利用可能なわけです。

海外の空港においては、必ずと言っていいほど旅行者用のSIMカードが売られているという実態だったというのに、日本について振り返ってみると、この様なサービスは長い期間に亘ってほとんどないに等しい状態が継続していたのです。SIMフリーというワードがスマホを利用している人に広まるにつれ、MVNOという言葉も頻出するようになりました。MVNOは、仮想移動体通信事業者の略称なのです。格安SIMの流通を担い、スマホ利用料ダウンに貢献してくれました。
どのMVNOがマーケット展開している格安SIMがすすめなのか判断できない人のために、おすすめの格安SIM口コミランキングをお見せいたします。比較を行ないますと、案外サービスに違いはなく、通信速度と料金が異なります。

海外でも使えるの?

格安SIMを入れて通常使用に耐えうる白ロムは、ドコモとauのスマホ又はタブレットだけです。ソフトバンクの白ロムでは機能しません。ソフトバンクの白ロムに挿しても、電波状況が良くないのが一般的です。海外旅行に行っても、そこでプリペイド形式のSIMカードを入手すれば、自分自身のモバイル端末がそのまま利用できるのです。白ロムの使用方法は想像以上に容易で、現在持っている携帯電話のSIMカードを抜いて、その白ロムのSIMカード挿入個所に差し込むという単純作業です。

格安SIMによって使用可能な白ロムは、auとドコモ2社のスマホあるいはタブレットだけということです。ソフトバンクの白ロム用には作られていないようです。ソフトバンクの白ロムを挿入したところで、電波の送受信状況が最悪でしょう。日本国内の大手キャリアは、自社が製造している端末では他の会社のSIMカードを使うことができないようにしています。これが、所謂SIMロックと称される措置なのです。格安SIMと呼ばれているものは、1か月毎の利用料が安く抑えられるので売り上げが急激に伸びています。利用料が破格だから何かあると心配されるかもしれませんが、通話又はデータ通信などが突如不通になってしまうというような状況に陥ることもなく、普通に使用できます。海外の空港や専門店では、絶対と言える程旅行者用のSIMカードが売りに出されているという状況だったというのに、日本では、それらと一緒のサービスは長い期間に亘ってほとんどないに等しい状況が続いてきたわけです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする