電話も多めの人にピッタリのSIM選び

電話も結構かける月もあるし、そうなると格安SIMにしても安くならない・・・と心配ですよね?? 格安SIMを選ぶなら「なるべく通話してはいけない!」と言われていた時が確かにありました。 でも今は大丈夫。
通話が多め、たくさん使う人でもピッタリのSIMが続々と登場しています。

格安SIMはとにかくデータ通信量が断然安い!お昼時など時間帯によって都内ではつながりにくいケースもありますが、逆に田舎ではスイスイ。
格安SIMを契約の前に確認することは2つ。
1)毎月何分くらい通話をしているか?(3ヶ月くらいの平均で)
2)毎月どのくらいの容量を使っているか? の2つ!

通話も多いケースもあるなら「お得なプランや通話し放題」対応のSIM会社を選ぶこと

請求書やキャリアのメニューから通信量(利用容量)や通話時間の把握可能。 以外にも1時間も使っていないことに気づくはず。
調査によると1ヶ月の平均通話時間が1時間を越える人は10%未満。 営業マンや仕事で使う人を除けば、つまりプライベート用、仕事関係の電話はほとんどかからないのであれば30分も通話するかしないかだと思います。

通話(電話)を頻繁に行う場合、SIM選びのポイントとしては「通話対応、通話プラン」が充実しているサービスを選ぶこと!

格安SIMはデータ通信は断然安いのですが、通話料はキャリアのように「かけ放題」などのプランを用意していないケースがほとんど。1年前までは「通話を数十分しかしない人」にしかメリットが無かった格安SIM。 現在では各社とも「通話が多くても安くなるプラン」を投入してきました。

通常は30秒で20円の通話料金がかかるのですが、専用アプリを使えば一定時間無料になったり、「通話パック」などを用意しているMVNOも増えています。たとえば「BIGLOBE SIM」では1,200円分の国内通話(最大60分)が月額650円で利用できる「通話パック60」が人気です

ほかにもニフティが提供しているNifMoでは「国内通話し放題」(月額1300円)なども。

電話が多くても安心のSIMサービスランキング

かけ放題プラン・専用アプリなど「通話が多くても安心」のSIM会社(MVNO)を調査。
格安SIMの通話料は30秒当たり20円がほとんど。通話料金が定額になるオプションサービスや、無料通話分付きの料金プランを提供する格安SIMだけをピックアップしました


ニフティ、楽天、BIGLOB http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/031600208/?P=2

データ速度を重視 早い軽い
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/053000304/
月に3GB使えるデータ専用の格安SIM
音声通話プランあり(2000円未満、2000円以上)
無制限プラン

ポイントを貯めたい
電話サポートなどが手厚い
シェアプランあり。家族で分け合える

http://kakuyasu-sim.jp/speed

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする