初心者でも納得 総合ランキング

格安スマホに興味があるけど踏み切れない
そんなあなたでもきっと納得できます

今使っているキャリアのスマホ料金はおいくらですか?月額利用額が今より半額以下になる方法があります。

最近よくCMや広告で目にする格安スマホ、あんなに安く使えるなら乗り換えたい、、。でも本当に安くなるの?何かデメリットがあるんじゃないの?そんな気になることを初心者でも分かりやすいようにまとめました。

こちらを見ていただければ最後には誰かに教えたくなるほど格安スマホの良さに気付いていただけることと思います。目的別や人気の業者をランキングでドーンとご紹介!あなたに合った納得できる格安スマホがきっと見つかることと思いますよ!

格安スマホってなに?

ドコモやau、ソフトバンクといったキャリアから通信回線を借りてサービスを行うMVNOが、格安SIMとSIMフリースマホをセットで販売しています。それを格安スマホと言います。

Q:MVNOって何?
A:MVNOとは携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。電話回線の維持管理費がいらない分安くサービスを提供することが可能で、キャリアと遜色ない高品質の無線通信を利用できます。
Q:SIMって何?
A:スマホやケータイ、タブレットなどのモバイル端末を利用するためにために必要なICチップカードのことです。 SIMカードには電話番号など契約者情報が記録されており、利用者を特定する役割も果たしています。データ通信や音声通話をするには、このSIMカードがなくてはなりません。

今使っているキャリアのスマホで格安SIMは使えるの?

答えは「使えます!」 ただし注意する点がいくつかあるので注意が必要です。

キャリアのスマホはSIMロックがかかっており、ドコモのスマホはドコモのSIMカードにしか対応できないようになっています。ですからドコモのスマホにソフトバンクのSIMカードを入れても使えません。

MVNOはキャリアの通信回線を利用していますが、MVNOの9割がドコモの回線、残りはauの回線です(現在ソフトバンクの回線を利用しているMVNOはありません)。

ドコモのスマホならドコモの通信回線を利用しているMVNOであれば使える可能性があります、ただしすべてが対応しているわけではありません。

各MVNOが「動作確認済み端末一覧」を掲載しているので、そこであなたのスマホがそのまま使えるか確認できますので一度確認してみましょう。

格安スマホにすると月額料金はいくら?

一般的に2,000円~3,000円になります、音声通話無しでデータ通信のみであれば更に1,000円安く利用できます。

料金は通信量によって設定している会社がほとんどです。通信容量1GBから無制限まで幅広く価格帯を設定しています。
その中かからいったいどんなプランを選ぶかによっても値段は違います。

Q:一体どのプランを選べばいいの?
A:「MMD研究所」が2016年4月に実施した調査によるとキャリアでの通信容量プランは「5Gプラン」が17.8%と最多で、格安スマホでは「3Gプラン」が31.9%で最多となっています。合わせて同所の2016年6月に実施した調査によると格安SIM上位8サービスの満足度は70.7%が満足していると答えています。このことから3GBプランでほぼ満足いく利用が出来るのではないかと思います。

しかし、通話料金については使い放題のような定額制が無い場合が多く、よく音声通話を利用する人はプランを考える必要があります。

その場合、専用の通話アプリやオプションによって通話料金を安く済ませる方法もありますので各MVNOで確認してみましょう。

格安スマホのメリットとデメリットを教えて

メリット

・月額料金が安い
・料金形態が分かりやすい
・プランを選べるから経済的
・電話番号が引き継げる

何といっても月額料金が安いのが魅力的です、また料金形態がキャリアと違ってとってもシンプルで分かりやすいのも特徴です。利用状況に合わせてプラン変更できるMVNOもあるので、あなたの利用状況に合わせてピッタリのプランを選ぶことで極限までコストを抑えることも可能です。
電話番号もそのまま引き継ぐことが出来るので安心。

デメリット

・キャリアのメールアドレスが使えなくなる
・通信速度がやや遅め

×××@docomo.ne.jpのようなキャリアのメールアドレスも格安スマホに変えると使えなくなるので注意が必要です。

MVNOはキャリアと違って限られた電波領域にたくさんのユーザーを詰め込んでいるのでどうしても1人当たりの通信容量が少なくなってしまいがちです。そうなると通信速度が若干キャリアより遅くなってしまうこともあります。
しかしバンバン動画を見ない方にとっては問題なく利用できる環境です。2016年3月のMMD研究所の調査によると、データ通信速度について「とても満足している」と答えた人は23.4%、「やや満足している」と答えた人は41.2%なので満足している方は7割を超えています。

オススメの格安スマホ総合ランキング

BIGLOBE SIM/スマホ
biglobe_e
  • 顧客満足度が高いMVNO
  • 「BIGLOBEでんわ」で通話料が安くなる
  • 余ったパケットが繰り越せる
月額料金 回線 音声通話プラン
900円~ docomo あり

データ通信品質と安全性において顧客満足度の高いBIGLOBEは、ドコモのスマホから乗り換えする方にオススメです。
「6ヵ月値引き特典」で6ヵ月値引きキャンペーンを実施中。SIMのみなら600円/月、スマホ+SIMなら1,200円/月値引きされるのでダントツで安く利用できます。

UQmobile
uqmobile_e
  • 安定した通信環境で人気
  • シンプルな料金プランで迷わない
  • 無制限プランで500kbpsの通信速度
月額料金 回線 音声通話プラン
980円(税抜)~ au あり

KDDIのグループ企業であるUQコミュニケーションズが運営するから通信速度が高速で安定しています。auののスマホから乗り換える方にもオススメですが、
au以外のキャリアから乗り換えされる方限定で「ぴったりプラン」と「たっぷりプラン」があり、お得に格安スマホを始めることが出来ます。

OCNモバイル
ocn_e
  • 無料で使えるWi-Fiスポットが全国82,000ヵ所
  • 「OCNでんわ」で5分間回数無制限でかけ放題
  • 他社にはない110MB/日プラン
月額料金 回線 音声通話プラン
900円(税抜)~ docomo あり

1日ごとに通信量をリセットするという変わったプランがあり、自分に合った利用プランが見つけやすい。「OCNでんわ」を利用することで通話料が50%offなので、
データ通信をあまりしない人にオススメです。今なら定額制プランで10分間かけ放題、それ以降は50%offになるキャンペーンも実施中です。

IIJmio(みおふぉん)
iijmio_e
  • 回線がdocomoとauから選べる
  • シェアプランでSIMカード最大10枚利用可能
  • 「みおふぉんダイアル」で通話料50%off
月額料金 回線 音声通話プラン
640円(税抜)~ docomo/au あり

IIJmioは格安SIM業界でのシェア率は常にトップ3に入るほど満足度が高く人気です。docomoとauどちらか回線を選べるのでキャリアから乗り換えを考える方にとっては魅力的。
ファミリーシェアプランなら最大10枚のSIMカードを利用出来、10GBのデータ通信量をシェアできるので家族で乗り換える場合にはオススメです。

mineo
mineo_e
  • 回線がdocomoとauから選べる
  • 1,000円の初期設定サポートで初心者でも安心
  • 「フリータンク」で1GBのパケット追加が無料
月額料金 回線 音声通話プラン
700円(税抜)~ docomo/au あり

マルチキャリアだから家族内でdocomo端末とau端末利用していてもパケットシェアできるのが魅力。
「フリータンク」によって、余ったパケットをタンクに寄付することによって、万が一月末にパケットを使い切ったときに最大1GBまで無料でタンクから引き出せる画期的なサービスもあって面白い。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする