格安スマホやMNVOの格安SIMの料金はなぜ安い?!

格安スマホや格安SIMが「安くとオトクなのは分かった」
でも「安いからには何か理由があるだろ・・・・怪しい」と思うのは当然かもしれません。

しかしデメリットとしては「キャリアメール」が使えなくなるとか、
通話重視(月に2時間以上など)の場合には逆に料金が高くなるくらい。
通信速度も都内であればお昼や夕方には若干スピードが下がる時もありますが、動画やサイト閲覧をするには余裕のスピードです。

MVO(大手キャリア)と違い、大規模な投資や人件費などコストを節約しているため安くサービスを提供可能にしている

一言でいいますと、これが理由。

携帯電話会社は通信網の設置や、独自のサービスと端末を開発など多大な先行投資を行っています。
他にもサポート窓口となるショップの全国展開など手厚いサービスを提供しているので、人件費も膨大。
qa_img_smp_04
格安SIMや格安スマホを展開する想移動体通信事業者(MVNO)は通信網を携帯電話会社から借りています。そのため先行投資も少なく、必要なサービスに絞る事でコストを抑えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする