格安SIMと格安スマホ

スマホ料金が半額になることで話題の「格安SIM」
格安SIMは確かに料金の節約が可能。しかもその金額は毎月1,000円、2,000円安くなるレベルではなく、半額以下になる可能性が大。
キャリアに払っている料金は6,500円以上の人が大半のハズ。
一方で格安SIMなら、月額3,000円以下でスマホを利用できることが珍しくない。
年間、数万円単位で節約できるということが可能に!

格安SIMユーザーの月額利用料金平均2,067円!

現在支払っているスマートフォンの平均月額料金は6,823円、
大手3キャリアユーザーは平均7,433円。
格安SIMユーザーは約1/3以下の平均2,067円

※NMD研究所2016年スマートフォン利用料金に関する調査 より
出典https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1531.html

格安SIMユーザーの月額利用料金は1/3!!
大手キャリア(7,443円)⇒ 格安SIM(2,067円)

格安スマホと格安SIMって同じ?

格安SIM・・格安料金で通信できるSIMカードのみを提供(MVNOが提供)
格安スマホ・・その格安SIMと対応端末をセット販売しているサービス。イオンなどが注力している。

どのスマホで使えるの?

格安SIMが使えるのは「SIMフリースマホ」と「ドコモのスマホ」の2つ。
SIMフリースマホはSIMロックがかかっていないので多くの格安SIMカードに対応。

ドコモのスマホもSIMロックはかかっている。
でも現状は格安SIMの0ほとんどが「ドコモのネットワーク」を利用しているので、ロックがかかっていても利用が可能。

※SIMロックって?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする